新着情報

NTTドコモと実証実験開始

~IOT,AIで植物生産環境最善化ソフト開発~


 実証実験概要


株式会社アプレは北海道七飯町にて水耕栽培で多品目野菜の生産・販売事業を行っています。単質養液、多品目同時生産、養液無廃棄、無農薬栽培という4つの特徴で連作障害を克服した世界に類のない技術で、自然エネルギー活用を基盤に、最適な生産環境を維持し30品目の野菜を同時に無農薬で大量に作る、真に環境配慮型・持続可能な施設園芸技術及び事業です。


その生産効率は露地との単収比較で数十倍~百倍超えに、その品質(食味、栄養価、日持ち等)においても圧倒的な優位性を誇っています。


しかしながら栽培環境の維持にあたり、現実は本技術開発者の個としての経験とノウハウを基にアナログの指示で行っているのが実情で、万一、個が不在となれば単に作業の停滞では済まず生産活動に大きな影響が出るリスクを抱えています。このことが高生産効率の維持と事業の水平展開を考えている現在、私どもが直面している最大の課題です。


そこで今回、NTTドコモが提供するAI「COREVO©」とNTTドコモが協業する日本IBMが提供するIOT分析プラットホームを組み合わせ、ハウス内環境や栽培状況の監視、管理を実現し、水耕栽培技術ノウハウを最新のデジタル技術を活用することで生産性向上と水平展開を目的とした実証実験を2社の協力のもとに進めることにしました。


具体的には、季節や天候に左右され易いハウス内の温度や湿度はもとより外気象や予報データを常時モニタリングし、即ち、あらゆる環境変数因子を取込みながら栽培に最適な状態を判別することで、自律的に調整可能な動作を行う仕組みつくりを目指します。


そして本実証実験を通して、国内外を問わず、何処でも、誰でも、いかなる条件下でも安定して高品質で大量の生産が可能なノウハウを展開し、農業の改革・活性化と通年での雇用の創出をもって地方再生・創生に貢献していきます。


お問い合わせ先  株式会社アプレ  ナレッジ・マネジメント担当 高森、亀井 電話:0138-83-8341


【関連記事】


株式会社NTTドコモ発表


日本アイ・ビー・エム株式会社発表